当院の特徴


“飼う前から動物病院に行くなんて”と思っていませんか。
みくまりどうぶつ病院では、飼う前からお付き合いのできる動物病院を目指しています。
当院では“ペットを飼う=人の出産”であると考えています。
人ではいきなり子供が生まれて親になるのではなく、妊娠がわかってから数ヵ月も産婦人科で親として必要な勉強をして、出産を迎えると思います。
しかし、ペットは“ペットショップでの運命的な出会い”や“拾ってしまった”とのことで、いきなり“親”になるのです。子供は親を選べないと言われるように、ペットも飼い主を選べないのです。
知らなかったがために、予防できる病気にかかってしまったり、亡くなってしまったりすることもあるのです。
また、ペットが生まれて1年目は人の20歳に当たります。人では社会に出ていくまで親との関わりだけでなく、学校へ行って勉強をしたり、他の人と遊んだりして、社会に出てからの土台を作り上げると思います。ペットにおいてもこの時期での土台作りがその後十数年の飼い主との関係に関わってきます。ペットを迎えて、かわいいと言っているうちにあっという間に1年は過ぎてしまいます。ペットとの新生活を安心してスタートできるように、しっかりとサポートしたいと思っております。
当院では、しっかりとお話しができるように、診察時間外でご予約をお取り頂き、対応させて頂こうと思っております。興味をお持ちになりましたら、是非お気軽にお電話、来院頂き、ご予約を入れて下さい。

ペットが家族として楽しく過ごせるように、しつけのお手伝いをいたします。

早期に発見できていれば助けられた病気が、来院をためらったがために取り返しのつかない状況になってしまった…
動物病院として最も避けたい出来事です。でも、実際こういったケースは後を絶ちません。それはなぜなのでしょうか。
健康だから予防接種の時しか動物病院には行かない、という方もいるかと思います。
このことは、ペット側からすると「病院にいくと毎回必ず注射されている」ということでもあるのです。ペットたちは、人間以上に“条件付け”で物事を記憶しています。年に数回、注射のときや具合の悪い時にしか病院に行かない、という状態では、ペットにしてみたらいつまで経っても『動物病院=嫌な場所』なのです。
当院は“ペットたちが自分から来たくなるような動物病院”を目指します。
状態を見て、問題がなければ、診察時間内にご褒美を上げたりおもちゃなどを使用したりして、少しでもリラックスして診察を受けてもらえるよう、日々工夫する気持ちを忘れません。ストレス軽減は、適切な検査や治療に繋がることはもちろん(ストレスによる)状態悪化の防止にも役立つからです。
ですが、実際のところ、動物病院側だけの工夫で「ペットが嫌がらない、痛がらない、怖がらない状況にしていく」というのは不可能です。
ペットたちの一番のパートナーである“飼い主さん”のご理解、ご協力があって初めて実現できることだと実感しています。明るく誠実な対応、適切な説明を心がけ、飼い主さんとも積極的にコミュニケーションしていきたいと思っています。ふとした時に思い出してもらえるような身近な存在となれるよう、スタッフ一丸となり、日々努力いたします。
体重を測るだけでも構いませんし、お散歩ついでに顔を見せてくれるだけでも構いません。ぜひ、痛くない、怖くないイメージを、ペットに与えてあげてください。
ペットとともに健康に暮らす幸せを共有できる仲間「みくまりすと」として、手を取り合っていけたら嬉しいです。

昨今は予防できる病気がたくさんあります。
当院は病気にならない為の予防が最も重要だと考えます。

当動物病院では、かかりつけの医として、症例によっては当院だけで無理な治療をするのではなく、他の医療施設と連携をとり適切な治療を受けられる体制を整えております。

生きとし生けるもの全てに、いずれ必ずやってくることがあります。
それが「老化」、そして「死」です。
悲しい、あまり考えたくない、と思われる方も多いと思いますが、当院では、「老化や死に向き合う」ことは、ペットと豊かに暮らす上でとても大切であると考えています。
人間同様ペットたちにも、老化や病、事故などによって介護が必要となる場面が出てきます。
“どのように介護したらよいか”という技術面ももちろんですが、言葉が通じないからこそ“これでうちの子は幸せなのだろうか”と思い悩んだり、時間・体力面の問題から、心身ともに疲れきってしまったりする飼い主さんも少なくありません。そんなとき、飼い主さんが1人で抱え込まないように、そして悩みが少しでも和らぐように、何かお手伝いができたらと思っています。
ペットはあなたにとってどんな存在ですか?恋人のような存在かもしれません、親友・相棒かもしれません、兄弟かもしれません。とても不思議なことに、彼らとのコミュニケーションは、私たちの生活に、人と人とのコミュニケーションとはまたひと味違った充実感や幸せをもたらしてくれます。
辛く悲しい思い出として抱え、しまいこんでしまうのではなく、1頭1頭との違った思い出を大切にしながら、生涯に渡って、笑顔やぬくもりあふれるペットとの生活を続けていってほしい、というのが私たちの願いです。